読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お仕事履歴と今後のスケジュール

【沙布らぶ_お仕事履歴】

以下のモーメント・サイトページにお仕事履歴をまとめております。

twitter.com

サイトはこちらのページに仕事履歴一覧を掲載しております。

http://xxxx-love.jimdo.com/work/

 

【お仕事受注状況】

~2017年6月初旬 スケジュール埋まっております。単発のお仕事など、納品時期と量によってはお受けすることが可能ですので、一度ご相談ください。

 

2017年6月下旬~ スケジュール空いております。短編~長編、その他文章のお仕事がございましたらご相談ください。

 

 

【連絡先】

メールアドレス safu.love.xxx★gmail.com(★→@)

サイト内メールフォーム http://xxxx-love.jimdo.com/form/

Twitter @safulove_xxxx

上記連絡先のどれかからご連絡頂きましたら、5日以内で返信いたします。

5日を超えても返信がない場合、お手数ではございますが再送して頂けますようお願いいたします。

 

 

【短編】女王陛下の忠実な犬

ムーンライトノベルズさんにて、短編を公開しました!

novel18.syosetu.com

「忠実な犬」なんて書いておりますが、ヒーローがMっぽいとかではありません(;´∀`)

元々長編用で用意していたお話なんですが、突然「書きたい!短編で!」という熱に駆られて短編用に書き直してみました……!

ヒーローがヒロインに執着するのはもちろんTLでは鉄板なんですが、けっこう重ための愛が好きなので今回はもう好き勝手書かせていただきました!

お時間あったら読んでいただけると嬉しいです。

 

温かくなってきたこの頃ですが、最近は午後の紅茶のリフレッシングピーチがお気に入りです。

スーパーに行ったらもう売り切れですと言われ、泣く泣く近所のコンビニ行ったらいっぱい売ってたりしました(≧∀≦)

 

期間限定だったらこれからの季節どうやって生きていこう……

割と真面目にそんなことを考えている今日この頃でした……

 

↓↓商業新作の方もよろしくお願いします(*^^*)

 

 

【新作】春薔薇妃は氷雪の王に溺れる 配信開始

 

f:id:xxxx-love:20170511001706j:plain 

沙布です。

以前告知したとおり、共幻令嬢文庫様より「春薔薇妃は氷雪の王に溺れる」が配信されました!

今回は素敵なバナーも作って頂いたので、どんどん貼っていきます(*^ω^*)

 

 

今回のキーワードは『薔薇』『呪い』『不屈の愛』です。

どういうお話かは読んで頂ければわかると思うのですが、とにかくいろんなところに薔薇のモチーフなどを盛り込ませて頂きました。

そもそもタイトルも『春薔薇妃~』ですしね!

 

文字数としては、『er-宝石王子の溺愛ビジュー 』と同じくらいか、それよりも少し長いくらいかなと思います。

長めのお話はちょっと……

という方や

沙布らぶの小説は今回初めて読む……

という方も取っつきやすい長さじゃないかなーと思いますので、是非よろしくお願いします。

 

既刊も配信中ですので、もしお気に召したらこちらもどうぞ!

 

公爵様の甘美な独占愛 花嫁は優しい秘密に惑う (蜜愛セレナーデ文庫)

公爵様の甘美な独占愛 花嫁は優しい秘密に惑う (蜜愛セレナーデ文庫)

 
er-宝石王子の溺愛ビジュー (eロマンス文庫)

er-宝石王子の溺愛ビジュー (eロマンス文庫)

 
伯爵の蜜戯?男装令嬢は不埒な寵愛に喘ぐ? (ヴァニラ文庫うふ)

伯爵の蜜戯?男装令嬢は不埒な寵愛に喘ぐ? (ヴァニラ文庫うふ)

 

 

 

 

【新作予約開始】春薔薇妃は氷雪の王に溺れる

またまた大変お時間空きました……!

今回は告知のブログです。沙布でございます。

f:id:xxxx-love:20170511001706j:plain

 新作!!

新作でございます!

昨年の伯爵の蜜戯~男装令嬢は不埒な寵愛に喘ぐ~ からお時間いただきまして、今年初めての お話になりますね……

自分ではずっとなにか書いていたので、そう思うこともなかったのですが……

待っていたくださった方がいらっしゃったら、ありがとうございます。

 

共幻社様の乙女系小説レーベル「共幻令嬢文庫」様にてお話を書かせていただきました。気鋭のレーベル様、しかも初めてお仕事させていただくところということで大変緊張しましたが、編集長の天都とほる先生をはじめとして、携わってくださった方々には大変お世話になりました。

(共幻社様にはBL小説レーベルの「共幻あかつき文庫」様もございます^^)

 

作品の紹介ページはこちら↓
kyogen-reijou.officialblog.jp

 

 

※ 現在はKindleにて予約受付中の状態でございます。

 

呪いに蝕まれた孤独な王・イザーク

彼を助けたい小国の姫・エレオノーラ。

命を賭け、悲しい歴史を紐解くロイヤルロマンスとなっております。

薔薇とか呪いとか長髪男子とか気丈な女の子が好きな方は是非!

 

広瀬コウ先生が描く、超美麗なイザーク(憂い顔がたまらないんです……)と、一途さを感じさせるエレオノーラのイラストも必見です!

 

そして、そしてなんと……!

インタビューも載せていただきました!

kyogen-reijou.officialblog.jp

こんな、インタビューなんてお受けしたのは初めてです。

よろしかったらこちらも是非ご覧下さい。

 

それでは、今回は告知のブログでございました!それでは!

 

春の訪れを感じます

朝と夜は平気でマイナスをぶっちぎっていた北海道ですが、ようやく私が住んでいるところは仕事帰りでもプラスの気温になりました。

年度が替わり職場の繁忙期が訪れ、ヒーヒー言っている間にここに至ってます……ううん、3月中旬頃の記憶がない。

 

2月は帯状疱疹になったりして体が動かなくなったり、「痛いー!痒いー!私を殴ってくれ-!」とのたうち回って家族にドン引きされたりしてたのですが(怪我とか胃痛とかとはまた別種の痛みで寝込んでました。新体験だったけどもう体験したくないです)、さて3月はなにしたかな……

確定申告には行きました。

会社を一日休んで確定申告に行き、帰りにスタバでお茶して一人カラオケ、その後おそば屋さんでランチというお一人様満喫コースです

 

 スタバでは蛭田亜沙子先生の「人肌ショコラリキュール」を読んだりしてました。

TL小説は買ったり読んだり書いたりするんですが、女性向けの官能小説はあまり呼んだことがなかったので、とっても新鮮でドキドキしながら読ませていただきました!

 

後述の「美食の報酬」とともに、今年読んだ本の中ではすごく衝撃と影響を受けつつある本なのですが、それを的確な言葉にできない自分がもどかしい……

 

人肌ショコラリキュール (講談社文庫)

人肌ショコラリキュール (講談社文庫)

 

 

 こちらは深志美由紀先生のお書きになった「美食の報酬」です。

深志先生は、私も以前書かせていただきましたヴァニラ文庫うふさんでもお書きになっていて、その時に「この美食の報酬っていう本読みたい!」と探し始め……結局見つけたのが今年になってしまいました(;´∀`)

 

こちらの本は本当に、濃厚の一言に尽きます。

短編集になっているのですが、ひとつ読むごとに休憩時間を取ってじっくり読み進めさせていただきましたー(*^ω^*)

美食の報酬 (講談社文庫)

美食の報酬 (講談社文庫)

 

 

そしてそして、本棚見返したらこちらも読んでおりました。

 

BLOOD♯ (マッグガーデンノベルズ)

BLOOD♯ (マッグガーデンノベルズ)

 

アニメBLOOD+の続編に当たる、BLOOD#!

私は本当にこのアニメに多大な影響を受けておりまして (シュヴァリエってのがもう素敵ですよね……)、今回続編が出ると知って喜び勇んで買いに行ったのです。

あのキャラのことこのキャラのこと色々書いておりましたがとにかく幸せな時間でした……!

 

とまあ、また途中からいつもの読書感想文でしたが……

前々から言ってるんですが、もっと読書の時間を取りたいですね……

こればっかりは私の時間の使い方が悪いとしか言えないんですが、もうちょっと頑張りたい-!

 

東京に住んでいる叔父から桜の写真が届いて疑似お花見したりしてましたが、ご、5月くらい……四月の末とかには……お花見……いきたいなぁ……

今年は暖かいからもう少し早く桜が咲くといいなぁと思いつつ、自転車のタイヤに空気を入れていくのでした。

雪解けの話

3月です。

は、春……春です……!このブログももっとちゃんと更新したいといいながら今に至ってます。お久しぶりです沙布でございます。

 

お仕事の告知だけのブログというのも味気ないと始めた読書ブログも滞りつつあり、原稿を書き始めると他の書き物をほとんどしなくなってしまいます。

そんななかで唯一の例外はTwitterですかね……これも一日に数回程度ですが、フォローさせていただいている他の先生方のお話やRTで回ってくるお話を拝見させていただいてます。

 

またそろそろ新作の話をさせていただけることもあると思いますので、その時はまたそれで場所を設けたいと思います……(;´∀`)

 

さて、最初に書きましたように春です。

私が住んでいるのは北海道なので、まだまだ完全な雪解けは遠い感じですが徐々に温かくはなっています。春物コートももう少ししたら出せそうかなぁ……という頃合い。

 

春というと色々なことに挑戦してみたり、なにかに区切りをつける季節のイメージがあります。

ただ、私の中で春というと5月とかもう初夏にさしかかった辺りのイメージなので(北海道が完全に雪解けするのがそれくらいなんです)、それを越えるとさて夏だ-!みたいな印象もありますが……

昨年の6月にデビュー作を配信していただいて、早いものでもうそろそろ1年ということになります。本当は一年よりちょっと短いですね。

 

いろんなことに挑戦させていただけている今こそ、初心に返ってばっちり頑張っていきたいものです。

普段と比べて更にとりとめもない生地になってしまいましたが、春先の所信表明ということで。

 

 

 

前回の更新が年開けるまえでした(主に読書感想など)

あ、あ、明けてました……!

前回更新が2016年の12月ということで、新年の挨拶をほったらかして今もう2月の中旬ですね……

お久しぶりです、沙布でございます。

 

年末から取りかかっておりました原稿が先日ようやく初稿を提出し終え、今は少々まったりモードです。

なんだかんだまだデビューさせていただいて1年も経っていないのに、色々お仕事いただけるのはありがたいことです。(諸方面の皆様本当にありがとうございます)

 

怒濤のような年末年始、そして始まった会社の修羅場を這々の体でくぐり抜け、さあゆっくりするぞー!と思ったら、案外なにをしていいか分からなくなりつつありました(;´∀`)

こういうときこそたくさんインプットしたいですね。

小説を書くという作業は最初から最後までアウトプットし続けることなので(プロット立てるにしろ誤字を直すにしろ、そうだと思ってます)、原稿上がるとどっかで栄養補給したくなるものです。

 

最近は小説以外にも色々読むようにしておりまして

英国王室御用達?知られざるロイヤルワラントの世界 (平凡社新書)

英国王室御用達?知られざるロイヤルワラントの世界 (平凡社新書)

 

 こうした新書(情けないことにこの年になるまで新書に対して漠然とした苦手意識がありました……)を読んでみたりしています。

ロイヤルワラントすごい……!歴史と実力に裏打ちされた、品格というか美しさというか、読んでいて震えが走りました。

 

あとこちらはまだ読んでいる途中なのですが

 

 マリー・アントワネット展に行きたくて行きたくて、でも行けなさそうなので購入した一冊……

マリー王妃の「パンがなければ~」というあの超有名な台詞が真実ではないというのは最近よく目にするようになりましたが、こちらを読むと「マリー・アントワネット」という一人の人間についてもよくよく知ることができそうです。

まだ全部読んでないので、あくまで「できそう」なのですが……(;・∀・)

 

普通に読み物も読みました。

 

([ひ]1-1)文豪てのひら怪談 (ポプラ文庫)

([ひ]1-1)文豪てのひら怪談 (ポプラ文庫)

 

 これ!

これは最近のイチオシです。

昨今文豪ブームですが、こちら「文豪てのひら怪談」と銘打っているだけあって様々なジャンルの著名な作家の掌編が読めます。

大体800字以内の話だということで、出掛ける時のおともとかにもよろしいかと。

私は現代ホラーは怖くてなかなか読めないのですが(でも大好き)、これはやっぱり「面白い」が先に来ました。ゾッとするところもあるけれど、表現の巧みさや文章の美しさがそれをカバーしてくれます。怖い物苦手な方でも割と読めると思います!

 

(文豪もの、というとこの漫画もおすすめなのです……)

文豪失格 (リュエルコミックス)

文豪失格 (リュエルコミックス)

 

 現在2巻まで出ております。作者様の愛がたっっっっぷりこもっておりまして、笑いすぎて読みながら何回かむせました。

 

……と、ジャンル的には割と偏ってはしまいましたが、最近読んだ本のちょっとした感想ブログでした。

また色々読んだら書きたいと思います。

 

それでは。