読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お仕事履歴と今後のスケジュール

【沙布らぶ_お仕事履歴】

以下のモーメント・サイトページにお仕事履歴をまとめております。

twitter.com

サイトはこちらのページに仕事履歴一覧を掲載しております。

http://xxxx-love.jimdo.com/work/

 

【お仕事受注状況】

~2017年4月末 スケジュール埋まっております。単発のお仕事など、納品時期と

        量によってはお受けすることが可能ですので、一度ご相談ください。

 

2017年5月~  スケジュール空いております。短編~長編、その他文章のお仕事が

        ございましたらご相談ください。

 

 

【連絡先】

メールアドレス safu.love.xxx★gmail.com(★→@)

サイト内メールフォーム http://xxxx-love.jimdo.com/form/

Twitter @safulove_xxxx

上記連絡先のどれかからご連絡頂きましたら、5日以内で返信いたします。

5日を超えても返信がない場合、お手数ではございますが再送して頂けますようお願いいたします。

 

 

雪解けの話

3月です。

は、春……春です……!このブログももっとちゃんと更新したいといいながら今に至ってます。お久しぶりです沙布でございます。

 

お仕事の告知だけのブログというのも味気ないと始めた読書ブログも滞りつつあり、原稿を書き始めると他の書き物をほとんどしなくなってしまいます。

そんななかで唯一の例外はTwitterですかね……これも一日に数回程度ですが、フォローさせていただいている他の先生方のお話やRTで回ってくるお話を拝見させていただいてます。

 

またそろそろ新作の話をさせていただけることもあると思いますので、その時はまたそれで場所を設けたいと思います……(;´∀`)

 

さて、最初に書きましたように春です。

私が住んでいるのは北海道なので、まだまだ完全な雪解けは遠い感じですが徐々に温かくはなっています。春物コートももう少ししたら出せそうかなぁ……という頃合い。

 

春というと色々なことに挑戦してみたり、なにかに区切りをつける季節のイメージがあります。

ただ、私の中で春というと5月とかもう初夏にさしかかった辺りのイメージなので(北海道が完全に雪解けするのがそれくらいなんです)、それを越えるとさて夏だ-!みたいな印象もありますが……

昨年の6月にデビュー作を配信していただいて、早いものでもうそろそろ1年ということになります。本当は一年よりちょっと短いですね。

 

いろんなことに挑戦させていただけている今こそ、初心に返ってばっちり頑張っていきたいものです。

普段と比べて更にとりとめもない生地になってしまいましたが、春先の所信表明ということで。

 

 

 

前回の更新が年開けるまえでした(主に読書感想など)

ブログ

あ、あ、明けてました……!

前回更新が2016年の12月ということで、新年の挨拶をほったらかして今もう2月の中旬ですね……

お久しぶりです、沙布でございます。

 

年末から取りかかっておりました原稿が先日ようやく初稿を提出し終え、今は少々まったりモードです。

なんだかんだまだデビューさせていただいて1年も経っていないのに、色々お仕事いただけるのはありがたいことです。(諸方面の皆様本当にありがとうございます)

 

怒濤のような年末年始、そして始まった会社の修羅場を這々の体でくぐり抜け、さあゆっくりするぞー!と思ったら、案外なにをしていいか分からなくなりつつありました(;´∀`)

こういうときこそたくさんインプットしたいですね。

小説を書くという作業は最初から最後までアウトプットし続けることなので(プロット立てるにしろ誤字を直すにしろ、そうだと思ってます)、原稿上がるとどっかで栄養補給したくなるものです。

 

最近は小説以外にも色々読むようにしておりまして

英国王室御用達?知られざるロイヤルワラントの世界 (平凡社新書)

英国王室御用達?知られざるロイヤルワラントの世界 (平凡社新書)

 

 こうした新書(情けないことにこの年になるまで新書に対して漠然とした苦手意識がありました……)を読んでみたりしています。

ロイヤルワラントすごい……!歴史と実力に裏打ちされた、品格というか美しさというか、読んでいて震えが走りました。

 

あとこちらはまだ読んでいる途中なのですが

 

 マリー・アントワネット展に行きたくて行きたくて、でも行けなさそうなので購入した一冊……

マリー王妃の「パンがなければ~」というあの超有名な台詞が真実ではないというのは最近よく目にするようになりましたが、こちらを読むと「マリー・アントワネット」という一人の人間についてもよくよく知ることができそうです。

まだ全部読んでないので、あくまで「できそう」なのですが……(;・∀・)

 

普通に読み物も読みました。

 

([ひ]1-1)文豪てのひら怪談 (ポプラ文庫)

([ひ]1-1)文豪てのひら怪談 (ポプラ文庫)

 

 これ!

これは最近のイチオシです。

昨今文豪ブームですが、こちら「文豪てのひら怪談」と銘打っているだけあって様々なジャンルの著名な作家の掌編が読めます。

大体800字以内の話だということで、出掛ける時のおともとかにもよろしいかと。

私は現代ホラーは怖くてなかなか読めないのですが(でも大好き)、これはやっぱり「面白い」が先に来ました。ゾッとするところもあるけれど、表現の巧みさや文章の美しさがそれをカバーしてくれます。怖い物苦手な方でも割と読めると思います!

 

(文豪もの、というとこの漫画もおすすめなのです……)

文豪失格 (リュエルコミックス)

文豪失格 (リュエルコミックス)

 

 現在2巻まで出ております。作者様の愛がたっっっっぷりこもっておりまして、笑いすぎて読みながら何回かむせました。

 

……と、ジャンル的には割と偏ってはしまいましたが、最近読んだ本のちょっとした感想ブログでした。

また色々読んだら書きたいと思います。

 

それでは。

今年もお世話になりました

「今年も」とは書いたものの、沙布らぶとして作品を出させていただいたのは今年がはじめてなので「今年は」の方が良かったんじゃないかなと今さらながらに思いました。

お久しぶりです。沙布です。

 

前回の更新以降は地下に潜って本を読んだり原稿を書いたりしておりましたが、めっきり寒くなってしまいましたね……

北海道に在住しているんですが、マイナス15度やマイナス20度の日もございました。パソコンがある自室にいたくないという非常に切実な気温です。

 

さて、2016/12/31、つまり大晦日でございます。

今年は本当にたくさんのことがありました。

 

まずデビュー。

昨年の11月頃に「書いてみませんか?」ということでお話を頂き(ものすごくびっくりして五度見くらいしました)、今年の5月に「公爵様の甘美な独占愛 花嫁は優しい秘密に惑う」を配信していただきました。

公爵様の甘美な独占愛 花嫁は優しい秘密に惑う (蜜愛セレナーデ文庫)

公爵様の甘美な独占愛 花嫁は優しい秘密に惑う (蜜愛セレナーデ文庫)

 

 実を申しますと、TL小説で最後まで書ききったのはこのお話がはじめてです(お仕事なのでそれは当然なのですが……)。

不慣れであれもこれもできない私に根気よく教えてくださった編集様、ありがとうございます。おかげさまで本当に素敵な作品ができあがりました。

ぶるぶる震えながら配信日を待っていたのですが、いざ配信されますと友人から「買ったよー!」とか「電子書籍はじめて読んだ」と声をかけていただくことも多く、本当に思い出深い作品となりました。

 

その後、しばらく色々書かせていただき、別名義でのお仕事や新作にも取りかからせていただきました。

eロマンス文庫さんから配信されている「宝石王子の溺愛ビジュー」は、是非現代物を書いてみたいということで沙布初のTL現代物に挑戦させていただきました。

しかも短編もはじめてということでものすごく悩みましたが、ラブ度は変わらずぎゅぎゅっと濃縮してお届けすることができたと思います。

er-宝石王子の溺愛ビジュー (eロマンス文庫)

er-宝石王子の溺愛ビジュー (eロマンス文庫)

 

 ちなみにジュエリーデザイナーさんのことは頑張って調べたのですが、どちらかというとヒーローの強引なところに文字数を割きすぎてあんまり入れられませんでした(;´∀`)

とにかくヒロインを素朴可愛い感じで書きたかったので、表紙を見せていただいた時はイメージ通り過ぎて部屋で奇声を発してしまいましたね……

 

そして、11月配信された「伯爵の蜜戯~男装令嬢は不埒な寵愛に喘ぐ~」

 男装書きたい!と意気込んで執筆に当たらせていただきましたが、ちょうど職場の繁忙期に激突してしまい……編集様には多大なご迷惑をお掛けしてしまいました……

真夏にヒーヒーいいながら書いていたんですが、ここぞとばかりに後半甘くさせていただきました。

伯爵の蜜戯?男装令嬢は不埒な寵愛に喘ぐ? (ヴァニラ文庫うふ)

伯爵の蜜戯?男装令嬢は不埒な寵愛に喘ぐ? (ヴァニラ文庫うふ)

 

 多分一番身内の反響が大きかったのがこの作品で、DMとかで「よかったぜ!」とか言ってもらえてちょっぴり泣きました。

 

 

……と、今年は3作品配信していただきまして、遅筆の私にしては達成感でいっぱいです。会社員しながらここまで色々出していただけたのは、家族や編集様、友人含め支えてくださった方々のおかげです。

色々迷って相談に乗っていただいた先輩の作家先生がたにも、この場を借りてお礼申し上げます。本当になにも知らないぺーぺーのぺーを助けていただいてありがとうございました……!

 

作品として皆様に読んでいただいている以上、どれも胸を張って自信作と言えるモノばかりです。もしよろしかったら年末年始にお楽しみいただけたら…………すっごくうれしいです。以上ダイレクトマーケティングでした。

 

来年はもっと活動の幅を広げてみたいといいますか、チャレンジたくさんしてみたいです。今年も(まずこうして本を出していただくことが)チャレンジばかりの一年だったのですが、来年はもっともっと色々したいと思っております。

それができるかどうかは完全に私の努力次第なのですが、どこかでこっそり見守っていただけたら幸いです。

 

それでは、この一年本当にお世話になりました。

皆様にとっての新しい一年が、喜び多きものとなりますよう。

良いお年をお過ごしくださいませ!

【配信開始】伯爵の蜜戯~男装令嬢は不埒な寵愛に喘ぐ~

こんにちは、沙布です。

本日11/24、ヴァニラ文庫うふ様より新作を配信していただきました!

 

f:id:xxxx-love:20161124225207p:plain

 

伯爵の蜜戯?男装令嬢は不埒な寵愛に喘ぐ? (ヴァニラ文庫うふ)

伯爵の蜜戯?男装令嬢は不埒な寵愛に喘ぐ? (ヴァニラ文庫うふ)

 

 どどん!とこちら、イラストレーターのなな先生に描いていただきました表紙です。

う、美しい……!

毎度表紙イラストを受け取るたびに震えております。本当に美しい表紙です……!

 

既に各サイト様で配信が開始されており、今後も国内主要電子書籍書店様で取り扱っていただけるようです。

サイトのリンクページより各サイト様に飛べますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

公爵様の甘美な独占愛 花嫁は優しい秘密に惑う (蜜愛セレナーデ文庫)

公爵様の甘美な独占愛 花嫁は優しい秘密に惑う (蜜愛セレナーデ文庫)

 

 

er-宝石王子の溺愛ビジュー (eロマンス文庫)

er-宝石王子の溺愛ビジュー (eロマンス文庫)

 

 

既刊もよろしくお願いします(*^ω^*)

【新作予約中】伯爵の蜜戯~男装令嬢は不埒な寵愛に喘ぐ~

こんにちは、沙布です。

実はもうずいぶんと前に予約が始まっていたのですが、すっかりブログ無精しておりました……(;・∀・)

 

この度、ヴァニラ文庫うふ様より新刊を出させていただくことになりました-!

 

伯爵の蜜戯?男装令嬢は不埒な寵愛に喘ぐ? (ヴァニラ文庫うふ)

伯爵の蜜戯?男装令嬢は不埒な寵愛に喘ぐ? (ヴァニラ文庫うふ)

 

 ただいま予約受付中、発売日は11/24予定です!

なな先生の超美麗表紙……!

これ以上ないほどキラキラしておりますよ。これは奥さん、買いですぜ……!

 

ヒロインとヒーローの表情が実に素敵で、表紙を見せていただいた時は変な声が出ました。毎回新作を出させていただくたびに、イラストレーター様の魔法にかけられたような気分になります。

 

沙布らぶとしては初・男装物!

書きたかったものをがっつり書かせていただきました。

 

作品の紹介文は、編集様に素敵に仕上げていただいたものです。

今回は(も)大変お世話になりました……!おかげさまで、本当にいい作品ができあがったと思います。

 

……そ、そしてですね。

私コレ知ったとき本当に驚いたのですが

 

初恋ラビリンス?眠れる准教授の偏屈な純情? (ヴァニラ文庫うふ)

初恋ラビリンス?眠れる准教授の偏屈な純情? (ヴァニラ文庫うふ)

 

 

な、なんと同日配信があの、あの寒竹泉美先生!

以前このブログで寒竹先生の「恋するプログラム」について感想を書かせていただきまして、ヒロインとヒーローの関係性とか、読みやすさとか、とても素晴らしいお話を書く先生だなぁと思っておりまして……

Twitterでもお世話になっておりまして……

 

沙布、ちょっと震えました。

 

今回もすごく幸せそうな二人。

そして沙布は眼鏡の男性に弱くてですね……ヒーローの広沢さんに初見でハートを持って行かれました。今から配信がすごく楽しみです。

 

また色々発売したら書かせていただきますが、今日はこの辺で。

そして機械音痴の自分、どうやったらブログのサイドバーに自作を並べられるのかが分からなくて、Amazonさんのリンクをお借りしました(;´∀`)

 

「沙布らぶってなに書いてんの?」という方は、こちらからお探しいただけると思います。

 

それでは、また発売したらブログ書かせていただきます!

【新刊告知】宝石王子の溺愛ビジュー

こんにちは、沙布です!

この度、eロマンス文庫さんから新刊が発売されました。

f:id:xxxx-love:20161029173437j:plain

タイトルは「宝石王子の溺愛ビジュー」。イラストは中田恵先生に担当して頂きました!

いやー!表紙超かわいい!素敵でキラキラしてて、見たとき思わず声を上げてしまいました……!

 

現在eロマンスjpさんにて月~土のあいだで連載されています。

ページはこちら!

eromance.jp

 

配信先のサイト様もこちらのページか、あるいは本館サイト(ブログ上部のリンクから飛べます)のリンクページにから飛ぶことができます。

 

沙布、商業では初の現代物です。といっても、これが2作目なんですが(;・∀・)

ただ、ムーンライトノベルズなどでもファンタジーばかり書いてきたので、そちらを含めて頂くと結構新鮮なのではないかなと思います。

 

今回もラブ度高め、甘々きゅんきゅんで書かせて頂きました!

天才ジュエリーデザイナー・瑞貴と、けなげで振り回されがちな穂香の恋を見届けて頂けましたら幸いです!

 

それでは、新刊告知でした!