【新作】薄墨のかすか【配信開始】

夏が終わる気配が見えません。

雨が降ったり日が照ったりする中を毎日這々の体でなんとか生きています。

 

そんな中、沙布の新刊が配信開始されました。

f:id:xxxx-love:20170824221728j:plain f:id:xxxx-love:20170824221804j:plain

あらすじ

祖母の千代が他界したとき、二十四歳の雫は派遣社員として働いていた。まだ元気だった祖母から、離れを間借りしている平坂という墨絵画家に、短大卒業の記念に絵を描いてもらいなさいと言われたのは四年前のことだ──描かれることには気が乗らなかったが、訪ねたアトリエで平坂が作品制作に向かう狂気的とも言える表情やまなざしに、なぜか強く情欲を掻き乱される──初体験がレイプという過去を持つ雫には、刷り込まれてしまった妄念があった。四年ぶりに再会した平坂と千代のある秘密を知った雫は、その秘密と妄念を同時に「消化」するために……

 

薄墨のかすか」というお話です。

ジャンルは乙女系ではなく、EL。

Extreme Loveというらしいです。編集さんとお話しさせていただいたところに寄ると、出来てからまだ非常に新しいジャンルだとのこと。

そんな新境地のジャンルに加えていただけてうれしい限りです……!

 

表紙から見ていただいても分かる通り、私が主戦場とさせていただいている乙女系、TLとは違う雰囲気を持っています。どちらかと言えば、純文学とかエンタメとか、そっち系のイメージ。

しかもあらすじに並ぶ結構過激な言葉の数々。

 

正直に言います。

めっちゃ楽しかった!そしてめっちゃ大変でした……!

長さも短編(オーブブックスさんのサイトによりますと、36字×13行で65Pほどだそうです)ですし、豪華なお城も黒いカードも俺様御曹司も出てきません。

デビューしてから1年とちょっと、乙女系小説を書いてきた身としては未知の領域と言ってもいいでしょう。

 

でも、だからこそ、非常に凝縮された納得のいく作品となっております。

何度も修正させていただいて作り上げた、沙布らぶとしても新境地の作品となっております。

 

オーブブックスさんでの配信と言うことで、現在はここでしか読めない作品となっております。

ブラウザ版とDL版がありますので、お好きな方でお楽しみいただければと思います。

ちなみにDL版はビューワーや専用リーダーがあれば読めるようになっております。私はEPUB版をBOOKWALKERさんのアプリで読みました。

Kindle端末でも読める形式(MOBI)でも配信されているようですので、普段そちらを使い慣れている方でもお楽しみいただけます。

 

――と、ダイレクトにマーケティングさせていただきましたが、沙布の挑戦とも言える一作(こういうのも書けるだなぁと思っていただければ!)、色々な方にお楽しみいただければ幸いです!